2018年10月13日土曜日

デスティネイション近況報告@KSトレーニングセンター2018.10.13

 ◆KSトレーニングセンターコメント

 デスティネイションは、大分回復してきましたが、まだトモの張りは今一つです。
 しかし毛艶は良くなってきました。

 トモの張りは、来週から坂路調教も含め、トモを入れる調教を進めるので、張りも良くなってくると思います。
飼い葉もしっかり食べていますし、まずは焦らず万全な状態まで持って行きたいと考えております。

この仔は、トモが高くキコウが抜けていない感じがします。
またキコウは、平べったく、まだ尖ってきていませんので、未完成な馬体だと考えられます。
キコウが抜けいない馬もいますので、一概には言えませんが、成長途上なのかもしれません。
もしかしたら高いパフォーマンスをみせる馬かもしれません。
よろしくお願いします。









































2018年10月10日水曜日

デスティネイション近況報告@KSトレーニングセンター2018.10.10

◆宇野木調教師コメント

デスティネイションは、見た目からはトモの肉付きは良くなってきました。
しかし前肢の出はぎこちない感じでした。
乗り込み量が少ないからなのかもしれません。

来週から坂路調教を行い状態アップを図る予定です。
状態を万全にしてから入厩させたいので、焦らず進めて行きたいと考えております。
次開催後に再度確認します。
よろしくお願いします。





2018年9月24日月曜日

デスティネイション近況報告@KSトレーニングセンター2018.9.24

◆KSトレーニングセンターコメント

ディスティネイションは、現在3000mを乗り込んでいて、まだじっくりと進めているレベルです。

笹針を行ってから立て直しを図っている段階ですが、まだトモのトップあたりの肉付きが足らず細く映ります。

体重は498㎏で入厩時より18㎏は増えてましたが、全体的にもっとふっくらさせたいので、乗り込みレベルは現状のまま、もう少し時間を掛けたいと考えております。

しかし毛艶は良く体調は確実に良くなっています。
歩様も問題ないです。
まずは、ふっくらさせてから調教を強化していけば、馬はガラッと変わる可能性があると思います。

だいたい10月いっぱいで目途を立てて、11月には送り出せるようにしたいと考えております。
よろしくお願いします。









 


 

 

 







 


 

















  ◆もう少し肉をつけたいと思います。
 



















2018年9月15日土曜日

デスティネイション近況報告@KSトレーニングセンター2018.9.15

◆KSトレーニングセンターコメント

デスティネイションは、獣医師に診てもらい、順調に回復しているとの診断結果をもらいました。
予定通り、来週月曜日から乗り運動を開始します。
緩んでいる筋肉を調教で鍛えていきます。
よろしくお願いします。





2018年8月31日金曜日

デスティネイション近況報告@KSトレーニングセンター2018.8.31

◆KSトレーニングセンターコメント

デスティネイションは、宇野木調教師立ち合いのもと、本日笹針治療を行いました。

宇野木調教師コメント
「厩舎にいたときにショックウェーブとブリスター治療を行いましたが一向に回復しなかったため、血液検査を行っていました。検査結果は、血液が非常に濃いとのことでした。

笹針治療では、右トモ股関節と左トモ腰角周囲が炎症していたことが判明しました。
血が濃すぎると報告を受けておりましたので、笹針治療は瀉血効果もありますのでこのタイミングで笹針治療をして良かったと獣医師は話していました。」

今後は、舎飼い1週間、WM1週間、3週間後から乗り運動を始めるような予定で進めます。
乗り運動を始めてからだいたい1か月後には15-15秒を乗り込めるかと思います。
よろしくお願いします。





2018年8月29日水曜日

デスティネイション近況報告@KSトレーニングセンター2018.8.29

◆KSトレーニングセンターコメント

馬主の皆様、これからよろしくお願いいたします。
獣医師がショックウェーブなどの治療を施しても変わって来なかったと聞いております。 トモの張りも今一つで、笹針を今日か明日、早めにやるならやってしまおうと思っております。

全体的な印象は、覇気がない感じです。 元気がないです。 この夏の暑さの影響もあると思います。 今後の予定は笹針をして舎飼い1週間、その後、粛々と運動を進め、代謝を上げながら悪いところをあぶりだして対応していくイメージです。 よろしくお願いいたします。





2018年8月28日火曜日

デスティネイション近況報告@宇野木厩舎2018.8.28

◆宇野木厩舎コメント

すいません、デスティネイションはブリスターを行って、少し良くなった感はありましたが、トモの疲れより、体全体の疲労がより顕著で元気がないです。

この状態でも競馬に使えますが、ここはしっかりと休養させて立て直したいと考え、KSトレーニングセンターに本日放牧に出しました。
無事到着したとのことです。

浦和競馬場の獣医師がKSトレーニングセンターに毎日のように往診に出かけてますので安心して放牧に出すことが出来ます。

馬主の方々には初めから我慢してもらい恐縮しております。
折角の休養放牧なので笹針治療を行い、しっかりと立て直して復帰初戦から勝てるようにと考えております。

よろしくお願いします。